• 一人ひとりが尊重される社会
  • 過ちに陥った人たちの支え
  • あたたかな人間愛
  • 明るい未来の地域社会を目指して

県西ブロックの地区会

筑西市更生保護女性会
△top
桜川市更生保護女性会

当会は、岩瀬支部、大和支部、真壁支部からなり、合併前から子育て支援を中心に活動してきました。具体的には、岩瀬の三世代ふれあい事業、大和の子育てサロン、真壁のブックスタート等です。

合併後もその活動は継続し、さらに市内全小学校において、入学を控えた保護者を対象に「子育て講座」を行っています。これは市の教育委員会と協力し、県発行の『家庭教育ブック』を使用したミニ集会形式の学習会です。

また、登校時の「あいさつ声かけ運動」青少年育成市民会議や他団体と共に「社会環境浄化活動」にも参加し、次代を担う子供たちの健全育成に努めています。

他に、社明月間キャンペーン、薬物乱用防止キャンペーン、愛の募金、刑務所訪問、有光苑や農芸学院への支援、脱法ハーブについての学習、保護司と共にサポートセンターを使用しての研修会を行いました。

sakura03
子育て講座
sakura04
あいさつ声かけ運動

今後の活動として、ダルクへの支援、小学校高学年生への禁煙教育を予定しています。

今年度は県西ブロックの当番地区として、11月14日に県西ブロック研修会を行いました。水戸保護観察所長の岡坂様の「ほっとけない運動」を考えると題した講話をいただき、また、145名の参加会員が五つの分散会で下記のテーマについて話し合いをし、今後の活動に向けて研修を深めました。

テーマ:更生保護女性会の基本理念を再考し「ほっとけない運動」を中心とする活動を考える
  1. 更生保護女性会の基本理念を考える
  2. 「ほっとけない運動」の効果的な推進
  3. 関更女のテーマ『更生保護女性会として社会支援にどのように関わっているか』
sakura05 sakura06 sakura07 sakura08
県連井坂会長挨拶岡坂所長の講話分散会全体会
桜川市「伝承館」で行われた県西ブロック研修会
△top
結城市更生保護女性会

クリックで拡大↓

sakura04
八千代町更生保護女性会
下妻市更生保護女性会

△top
常総市更生保護女性会

昨年九月の「関東・東北豪雨」では常総市更生保護女性会の活動拠点としていた市内の福祉センターも甚大な被害を受け、一年経過した今でも使えない状態です。 月一回子育て支援を行っている「どんぐり教室」「なかよし教室」の施設も水につかり、更生保護女性会員手作りの牛乳パックの椅子や絵本など使えない状態になってしまいました。

更生保護女性会員の半数近くも被害を受け、自宅の復旧さえも困難な状況になってしまいました。残りの会員で牛乳パックを使った椅子作りが行われました。 30個もの可愛い椅子ができ、「どんぐり教室」に絵本と共に届けることができました。子ども達もとても喜んで、椅子に乗ったり降りたりして遊んでいました。

絵本の読み聞かせの場でも上手に椅子に座り、耳を傾ける姿が見られました。 ミニ集会では、テーマにそって、お母さん達との話し合いもできるようになり、有意義なひと時を得ることができました。

しかし、被災した石下総合福祉センターで行われていた「なかよし教室」はいまだに再開されていないため、一日も早い復興を願うばかりです。

jyosojyoso

「どんぐり教室」に届けた絵本 「どんぐり教室」

△top
坂東市更生保護女性会


クリックで拡大します。
△top
猿島地区更生保護女性会

毎年恒例の下野シェルター、常総シェルター古河更生保護女性会とカラオケボックス貸し切り盛大なカラオケ大会をしました。 たくさんのケーキ、クリスマスプレゼントを一人一人に手渡しし一日楽しく過ごし、別れ際にはあちこちで寮生とのハグの姿があちこちで見せられました。

sasima03 sasima01
△top
inserted by FC2 system