• 一人ひとりが尊重される社会
  • 過ちに陥った人たちの支え
  • あたたかな人間愛
  • 明るい未来の地域社会を目指して

県央ブロックの地区会

水戸更生保護女性会

家族の絆が薄くなっている現状がほっとけない

水戸更生保護女性会

mito01.jpg

mito02.jpg
家族の絆を考える

地域社会の最小の単位である家族の中で親と子の関係が希薄になっていることを鑑み地域の諸団体との連携により家族の絆を強める方策を検討する

『親子で座禅と抹茶を頂く会』を子ども達が夏休みに入り最初の日曜日に水戸市の祇園寺の共催により開催する。

約100名の親子が早朝6時半から来場し真剣に座禅に入る。座禅終了後、客間において抹茶のおもてなしをする。

今年で6年目を迎えた。参加された親や子ども達にもこうひょうで来年も参加したいとの声があがった。

mito03.jpg
子育て支援 平成12年から子育て支援活動を開始する。


ぽかぽか広場     毎月2回
わんぱーくみと    毎月2回
はみんぐぱーくみと  毎月1回

mito04.jpg
mito05.jpg

高齢社会をよくする女性の会に参加

第32回 全国大会in茨城が25年7月12・13日県民文化センターにて全国各地から大勢のお客様をお迎えし、賑やかに開催された。

水戸更女はお茶会を催し、当日は大勢の方に寸暇のお抹茶を楽しんでいただくことが事ができました。

△top
那珂市更生保護女性会
常陸大宮市更生保護女性会

クリックで拡大↓

△top
城里町更生保護女性会

「ほっとけない運動」

七会地区 阿久津 理子

茨城就業支援センターとの陶芸と会食会が、今回で、三回目となりました。支援センターの訓練生は、農業体験を通して、社会復帰に励んでいます。そんな彼らに、退所の際、何か思い出づくりのお手伝いが出来ないものかと考え、『土』つながりで、陶芸を提案しました。

毎回、清水正章・俊子さんのご指導をいただき、すてきな作品が出来ています。陶芸には、会員も参加し、和気あいあい、会話も弾みます。

会食の時間には会員が、手作りの得意料理を持ち寄り、バイキングスタイルです。

料理の説明後、たのしく、和やかな時を過ごします。会食会場をセッティングして下さる、七会公民館の職員の方々のこまやかな心配りには、いつも感謝の思いです。ありがとうございます。

jyosato1.jpg jyosato2.jpg
笠間市更生保護女性会
茨城町更生保護女性会

6月24日 イオンタウン水戸南センターコートにて『社会を明るくする運動街頭キャンペーン』を実施いたしました。

役場職員・社協職員・その他各種団体・中学生(明光中学校・青葉中学、先生方) 人数は77名。啓発グッツの配布。片付けまで、『安全、安心な地域社会』作りの精神が強く根付く活動になりました。

有光苑・就労支援センターへ食事支援と実施
  • 平成30年6月14日(木)  茨城町ゆうゆう館調理室にて
  • メニュー  カレー、豚カツ、野菜サラダ、フルーツ 
  • 午後4時過ぎに届ける
  • 町更女 施設協力部5名が担当する
  • 小美玉市更生保護女性会

    jyosato1.jpg jyosato2.jpg
    大洗町更生保護女性会
    inserted by FC2 system